マイクロソフトオフィススペシャリストの難易度、合格率

トップページへ >MOSの合格率、難易度

MOSって難しいの?

子どもとパソコンイラスト

MOS合格率、難易度はどうなっているんでしょう?公式サイトでは合格率は発表されてませんがパソコン教室によっては100%合格保証があったり、受けた事がある人から聞くとかなり高い合格率でないかと言われています。

この試験は、基本的にはオフィスソフトの操作がしっかりと出来ているかどうかを調べるためのテストです。なので、操作方法が間違っていなければ正解になります。ですので、普段からワードやらエクセルなどを使っている人であれば、かなり問題なく合格することが出来る資格とは言えます。

スペシャリストとエキスパート

全体的な合格率としては、ネットなどで調べるとスペシャリストは8割くらい、エキスパートであっても6割くらいは合格できているのではないかと言われています。

合格点ですが1000点満点中550点~850点が合格点になります。幅があるのは問題の難易度によって合格点が変わるからです。難しかったら下がりますし、簡単なら上がります。

公式サイトでは以下のレベルが発表されています。合格者数や合格率が公表されてない以上、こちらのレベルを見て受験するしか目安はありません。

mos試験範囲

パソコン初心者には難しい

パソコンイラスト

MOSの資格は8割以上の合格率があるとは言われてますが、パソコンを触ったことがないなどの全くの初心者から始めようと思ったらそれなりに難しい試験になります。

MOSの試験は1年中あり、そろそろ合格できそうだなというタイミングで受験でるので合格率は高くなるのでしょう。

しかしパソコン初心者にとっては割と難しい試験になるかと思います。日常的にパソコンを触っている人でも、オフィスソフトがインストールされていないという方が始めるには少し難しい資格です。実際、スクールなどに通った場合でも、覚えることが多いために、MOS試験に出るところを絞った形で勉強を進めていくところもあるくらいです。

エクセルやワードなら普段ある程度使ってる方も多いかと思いますが、パワーポイントやアクセスになると、0からの出発という方もおられると思います。そういった場合最初はヘルプを見ながら、ネットで調べたりするより習った方が効率はいいです。

就職のための資格取得ならパワーポイントは会社での使用頻度も高い割にちゃんと使える人が少ないためにねらい目ではあります。

面接のための急ぎならすぐに取得してしまおう

管理人

MOSの資格試験は一斉試験は年2回ですが、随時試験が年中(会場が定員になり次第)ありますのでチャンスは1年中と言えます。

また合否は受験後すぐにわかるので最短で取得して書いてしまうには都合のいい資格です。

勉強を始める切っ掛けはこちらから