MOSとパソコン検定との違い

トップへ >MOSと「パソコン検定」との違い

MOSとその他「パソコン検定」との違い

子どもとパソコン

MOSとその他のパソコン検定にはどういった違いがあるのでしょうか?

MOSはマイクロソフト社が販売してるソフト「オフィス」というアプリケーションの機能をどれだけ使うことが出来るのかが問われる試験です。正式名称はMicrosoft Office Specialistといいます。ワードやエクセル、パワーポイントなどのソフトをどれだけ使えるか証明する資格です。実際ワードやエクセルは会社では必ずと言っていいほど使うソフトなので現在はパソコンの資格ではMOSが最も有名です。

パソコン検定は実は「パソコン検定」というざっくりした名前の資格は現在なく、全日本情報学習振興協会が主催するパソコン検定 タイピング試験、パソコン検定文書試験、日本商工会議所が主催する日商PC検定試験や情報処理能力認定委員会のワードプロセッサ技能認定試験などを省略して「パソコン検定」と呼ぶ傾向にあるようです。

そういった意味ではMOSもパソコン検定の一つです。

その他パソコン検定よりMOS?

管理人

MOSの場合マイクロソフトのオフィスソフトの使い方を問うのに対しその他パソコン検定ではタイピングの早さや文書作成に特化したもの、シスアドなどシステムプログラム系、Web作成系、フォトショップなどのアドビソフト系の検定などに細かく分かれます。

パソコン基礎検定やパソコン能力検定のようなザックリしたものもありますが、近年は1つのソフトに特化したりタイピング技術に特化したりと細分化傾向にはあります。IT技術の進歩が早く昔取った資格はすぐに効果がなくなるという側面もあり、そういった意味ではエクセル、ワードなどはロングセラーですし、どの会社でも必ずと言っていいほどあります。ワードやエクセルは似てるようなソフトやフリーソフトも多く出回ってますが、使い方はほぼ同じです。

パソコン検定 文書・表計算試験のようにエクセル、ワードを使った検定もありますが、MOSはマイクロソフト認定という正式なものです。そういった意味でもMOSはその他パソコン検定よりも取得する価値があると私は思います。

就職はどっちが有利?

子供とパソコン

パソコン検定の中にはプログラム検定系のような、なくてはその職につけないような検定もあり、そういった意味では専門に特化してその専門職で求職する方法が一番かとは思います。

MOSのいい点はいろいろな会社で使える点と「最低限のパソコンスキル」と言った場合はエクセル、ワードの事を指す場合が多くオールラウンドに使える事ではないでしょうか。

就職にはその会社が求める人材は千差万別なのでどちらとはいいかねますが、エクセル、ワードは個人事業でも使いますし、他のパソコンソフトの基礎の考え方がわかりますので、取得して損はない資格と言えます。

ヒューマン ユーキャン アビバ