トップページへ >バージョンはどれ?

2013、2010、2007のどれを取ればいいの?

子どもとパソコン

MOSの検定では、オフィスのバージョン違いで試験を受けることが出来ますが、果たしてどのバージョンで資格を取得すればいいのでしょうか?

これについては、自分が持っているバージョン、勤めていた会社で使っていたバージョンで勉強をして資格を取得していけばいいと思います。まだ未購入、会社でも未経験なら最新のバージョンにすればいいでしょう。

基本的にはバージョンがどのように変わったとしても基本的な操作は何も変わりません。バージョンが変わるにあたってインターフェースに少し変化は生じたものの、基礎的なことを知っていれば迷うようなことも無いレベルです。

通常履歴書にバージョンは書かなくても問題ありませんし、面接で聞かれることも余りありません。

会社に合わせなくていいの?

管理人

実際に自分が2007のMOS検定の資格を持っているとして、働く先の企業が2007のオフィスを使っていたとして、果たして企業側は資格の評価を落としてくるのでしょうか?実際にそれはあまりありません。2007を取得したての人が若い世代の人だったら「何故2007を取ったの?」とは聞かれるかもしれませんが。「家に入っていたから」「古いバージョンでも対応できるようにあえて・・でも2013も使えます。」など素直に答えればいいのです。あくまでも実務的にオフィスソフトを使えるかどうかを判断してくれることでしょう。

就職活動をしていると、やはりオフィスのバージョンは気になるかもしれませんが、いまだにオフィスでも古いバージョンを使っているところもたくさんあります。バージョンを変えるのもコストがかかるので特に問題のない場合は換えない企業も多いのです。

ちなみに、どうして2013が最新なのにそれ以外の資格があるかといいますと、全員が全員自分のパソコンにオフィスの2013が入っているとは限らないからです。人によっては2010が使いやすい人もいるでしょうし、2013が使いやすいという人もいます。マイクロソフトもその辺りを加味したうえでバージョン違いの資格検定を設けているのではないかと思います。参考書についているCD-ROMについても、バージョン違いで販売されていますので、購入前にはチェックをしておきましょう。

エキスパート part1、part2

パソコン上級者のイラスト

MOS試験のエクセル、ワードではバージョン別にスペシャリスト、エキスパートとレベル分けされています。バージョン2010まではただ単にスペシャリスト、エキスパートでしたがバージョン2013からはエキスパートpart1、part2に試験が別れ、どちらも合格すると認定証がもらえる方式に変わりました。

これは資格主催者が受験料を取ろうとしてるなとヒニクれた考えを持ってしまいますが、より難易度を上げ取りにくくする分、取得後の説得力が違ってきます。

累計受験者数が340万人を越した人気の資格です。誰でも持ってるような資格なら履歴書に書いても価値がなくなります。ここで新たに難易度の高い資格が用意された事によって「より履歴書に書く価値のある資格」になったと考えるべきでしょう。