トップページへ >TACのMOS講座

TACのMOS通信講座は選べる学習スタイル

TACのロゴ

TACでは通信講座の学習スタイルを、Web・音声DL、DVD、資料の3つに分けて提供しています。何かを学ぶときには、具体的な映像で説明してもらうことで理解が高まる人もいれば、自身で資料を読み込むことで内容がより頭に入ってくるという人もいます。

またDVDや資料はネット環境に依存しませんし、Web講座ではWindowsのみならずMacやスマートフォン、タブレットなどにも対応しています。個人のパソコン環境やライフスタイルによって取り組みやすい学習方法は異なるので、自分にあったスタイルを選ぶことができるのです。

ExcelとWordに特化した対策コース

MOSの資格で欲しいのはPowerPointやAccessなどのソフトではなく、仕事の現場で特に使用頻度の高いExcelとWordではないでしょうか?

TACの通信講座では、そのExcelとWordに焦点を当てたコースが用意されています。そのため、普段の仕事でWordは使っているけどExcelはあんまり使わない、といった知識が偏ってしまっている人も、学びたいOfficeのバージョンに限定してピンポイントで試験対策の学習をすすめることができます。

tacの教材

体験模擬など実力がわかる講座内容

TACの通信講座で嬉しいのは、個々の学習レベルを確認できるチェックテストや、公式サイトにて体験プログラムを試すことができる模擬試験が5回ついてくることです。いざ通信講座で学習を始めるとなると、教材が届くまでテキストなどの内容が見えないためいささかの不安は残るものです。

タック

けれど、事前に模擬試験を体験できたり、チェックテストなどが多く盛り込まれているプログラムは、試験に向けて実力確認ができるので安心です。さらにTACの学校は実際の試験会場になる場合もあるので、通信講座からでも雰囲気を知っておくのはよいでしょう。