MOSを独学で取得するための参考書|シリーズ4強

トップページへ >MOSの参考書

MOS独学のためのおすすめ4シリーズ

パソコンイラスト

MOSを独学で取得するためのテキストを紹介しています。公式サイト推奨の本中心ですので間違いないとは思いますがアマゾンの順位や他の方のレビュー評判も加味して評価しています。MOSの参考書、テキストはバージョン違い、スペシャリスト、エキスパートなどがありすごく多く迷ってしまいますが、紹介する4シリーズをおさえておけば十分です。

よくわかるマスターシリーズ

mos参考書

Microsoft Office Specialist Microsoft Word 2010 対策テキスト& 問題集 (よくわかるマスター) [大型本]

こちらはMOS公認テキストでアマゾンの売り上げ人気順でもよく上位になります。売れているからと言って必ずしもすべての 人に合う訳ではありませんが指標にはなります。人気の理由の一つに大判で見やすく、テキストと問題集が一つになっている点、わかりやすい解説が挙げられます。How toやPointに他の解答方法が書いてあるのも便利。

付属の模擬試験CD-Rソフトは本番の試験にかなり近い環境で5回分の模擬試験を繰り返し学習できます。

詳細はアマゾンで。中身閲覧できます

攻略問題集シリーズ|日経BP社

wordテキスト画像

Microsoft Office Specialist 攻略問題集

ワードの市販問題集は豊富に出てますが逆に迷ってしまいます。ほとんどのテキストがMOS公認ですので、どれをやっても合格はできますが管理人のおすすめは日経BPの攻略問題集。こちらは模擬テストCD-ROMが7回収録されていて自動採点機能付きです。

大切なことがすべて網羅されていて完全に覚えた方は950点以上取得される方も多いようですが、その分、400ページ以上あり分厚くすべてマスターするには時間がかかります。おすすめは模擬試験で間違ったポイントを中心につぶし込む使い方です。

詳細はアマゾンで。中身検索できます

できる式問題集シリーズ|プロジェクトA著

word2003

できる式問題集 Microsoft Office Specialist 問題集

「スキルとタスク」を網羅したMOS試験対策用の問題集です。付属CD-ROMの模擬試験問題数は100問ついています。問題集自体にも100問以上問題が掲載されています。実際に操作する問題形式と、丁寧に解説した解答ページが便利。

レイアウトの良さと復習のしやすさに定評があります。ボリュームがあるぶん値段が少し高めです。

できる式問題集 Microsoft Office Specialist 問題集

マイクロソフト オフィス教科書シリーズ

outlook2007

マイクロソフト オフィス教科書(Microsoft Certified Application Specialist)

オールカラー、2色刷で読みやすい紙面デザインで初学者にもやさしい参考書。解説を読む→問題を解く→模擬試験に挑戦するステップ式。苦手な箇所、まだ理解していない事柄がすぐわかるので、効率的な学習ができます。

特にテキストの種類が少ないOutlook、accessにおいては他社よりも評判がいいです。このシリーズには2010バージョンはないようです。

詳細はアマゾンで。