MOS勉強法|エクセル

トップページへ >Excel勉強法

エクセルの勉強法

パソコンと子供

エクセルのMOS資格が欲しいと思ったとき、どういった方法で勉強を進めていくといいのでしょうか。

MOS資格のみを取得して単純に就職のアピールで使いたいだけなのか、資格を仕事に対して最大限に生かしたいのかによって変わってきます。ここではエクセルのMOS対策について考えていきます。

MOS資格を取得するのが目的?就職?スキル?

パソコンと子供のイラスト

実際のところ、試験に通りたいだけであれば、模擬試験の問題ばかりを解いていれば全く問題は無いと思います。模擬試験の問題は、大体本試験にでるところとかぶる傾向がありますので、合格ラインの点数を取ることはそこまで難しくない資格です。

これに対して、仕事に生かしたいと思うのであれば、問題集を買うなりして自分でひとつずつ理解を深めていくことが大事になります。それに、試験勉強用の勉強をして資格を取ったところで、勉強が終わってしまえばそういった知識などはすぐにどこかに行ってしまいます。

資格を持っていて、仕事に使えるとアピールしたまでは良かったけど、実際に仕事に入ってみると全然使いこなせないという事があっては大変です。地道な勉強をお勧めします。

出題範囲からすべき事を把握する

下記が公式サイトで発表されているエクセルのMOS検定情報です。

スペシャリスト(一般)レベル エキスパート(上級)レベル
数式や基本的な関数の作成、セルの書式設定、グラフ作成など、Excelでの基本的な操作を理解している方 ピボットテーブルなどのデータ分析、条件付き書式や入力規則の設定、マクロの作成・編集など、Excelでの高度な機能を理解している方

試験範囲についてですが、スペシャリストであればセルとデータの操作、ブックの管理や変更、ワークシートの書式設定と印刷、画像、数式の作成や変更、ワークグループでのグループ作業といったところから出題されます。エキスパートの場合は、データのインポートとエクスポート、ブックの管理、セル範囲の操作、数値の書式設定、エクセルのカスタマイズ、ワークシートやデータの分析、データの集計、ワークグループでのグループ作業といったところから出題されます。エクセルの場合、パソコンの基本が分かっていないと操作できないところが結構あります。まずはやさしいパソコン教則本あたりから始めるのもいいでしょう。

スペシャリストとエキスパートの違いは難易度に差があるというよりは、一歩踏み込んだ操作を要求されるという表現のほうがふさわしいです。

MOSのスペシャリストとエキスパートの違いはこちら

ネットで何でも調べましょう

エクセルやワードの操作法についてはネット上に何でも情報がの載っています。もし操作法につまづいたら、そのまま疑問を検索ボックスに入れる癖をつけましょう。大概のエクセル操作法はネット上にありますし、同じような所でつまづいてる人で解決した人がいます。

ネットを使って調べる癖ができると、テキストに戻って操作法を調べるより早い場合が多いですし、パソコンに対する慣れもできます。実際仕事で使う時も解らない時はネットで調べます。仕事に要求されるスキルとして検索して解かるのならそれもビジネススキルです。

MOS講座を探す場合は

MOS講座もいろいろあって迷ってる方も多いとは思います。そんな方は資料請求をまとめてしたり、教室見学に行って気になる講座をチェックする事をおすすめします。

パソコン初心者にとっては教室に通って講師に手取り足取り教えてもらうのが一番効率のいい方法です。

しかし実際どんな人が教えるのか、教室の雰囲気がどうか気になって最初の一歩が踏み込めないというのが本音ではないでしょうか?

そんな時は近くのパソコン教室を検索でき、そのまま見学予約や資料請求ができる「総合資格ナビ」というサイトがおすすめです。

簡単に何社も請求できますので最初の1歩にはもってこいです。

資格を取るなら!総合資格ナビ